高尾山薬王院 火渡り祭2017.3.12

高尾山薬王院

先日の高尾山~陣馬山縦走の際、高尾山薬王院で火渡り祭が開催される事を知り、連日高尾山キツイな…と思ったものの、当日いきなり参加する事に決めました。
参加して思ったこと。

スカーッ!!

としました(全身笑顔)。
私の心の霧が晴れ、クリアになりました。

火渡り祭

高尾山では毎年3月の第二日曜日に、火渡り祭が行われます。
今年は3月12日(日)。
燃え盛る焔と勇壮な儀式が圧巻の高尾山修験道の一大イベントで、一般の方も修験者に続き火を渡ることができます。

火渡り祭は、駅最寄りの高尾山麓の自動車祈祷殿広場で開催されました。
火渡り祭りの前に、高尾山薬王院にて直接ご挨拶をさせて頂きたいと思い、薬王院へ向かいます。

多くの人で賑わっていました。
普段よりも外国人観光客の姿が多く、おそらく火渡り祭に参加予定なのかもしれません。

飯縄大権現様へご挨拶に伺った際、お経の最中でした。
私には切実な願いがあったので、心身共に必死に祈りました。
その最中に高尾山薬王院馴染みのほら貝が鳴り響き、その後線香に火を灯したところ火が高々と燃え立ちました。
蝋燭が燃え立つ事はあるのですが、線香が高く高く燃え立つ様子を見る事は初めてです。
「ああ、私の願いを叶えて下さるんだ…」と、思わず涙がぽろり。
私、一生懸命に頑張ります。

その後、浅間社へ参拝です。
私の勘違いかもしれませんが、薬王院の浅間社にはパワーがあります。
写真撮影をしたのですが、写真から伝わるかしら?
(加工は一切していません)
高尾山薬王院

浅間社の神様に祈りを捧げ、火渡り祭の時間が押していたので、その後下山です。

火渡り祭は、人で溢れかえっていました。
人。人。人で、イベントの様子が見えません!!(笑)
山伏さん達の姿は殆ど見えませんでしたが、燃え立つ火はしっかりと見てきました。
高尾山薬王院

その後、一般参加の火渡りです。
高々と燃え立つ火後を渡ります。
若干熱いかな?と思ったのですが、ほのかに暖かい道でした。

実は、最近、悩みがありました。
しかし、自宅に戻って気付いたのですが、あれ?、私、気分爽快かも?(笑)
スカーッ!!としてる(笑)

火渡り祭の燃え盛る火が、私の心の負荷を燃やしてくれたのかな?…と思っています。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ

返信する

必須項目には印がついています*

CAPTCHA