冬の雲取山 ~雲取山へ~

雲取山

<3月17日(金)>登山1日目の続き。
自己紹介、登山スケジュール、そして、なぜ雲取山へ行こうと思ったのかを、お話をしました。
3月17日~18日の二日間、病気怪我をせず登山&下山できるようお願い致しました。

雲取へ再び登山する機会があれば、また参拝することをお話をし、七ツ石山山頂へ向かいます。
七ツ石山山頂に到着!!わぁ~い^^
七ツ石山

到着した時カップルが各々の写真を撮影してたので、私から声をかけ、おふたり一緒の写真を撮影しました。
そして、私の写真も撮って頂きました。有難うございます^^

普段は、私から率先して声をかける事はあまりないのですが、
登りで、私以外の女性を初めて見かけたので、嬉しくて^^
当日は、平日という事もあり、全体的に登山者が少なかったように思います。

登山口から、少しお話しさせて頂いた青年もいましたが、
昼食中だったため、頭をぺこっと下げて、雲取山へ向かいました。

七ツ石山から観る尾根です。
七ツ石山から観る尾根

気持ちいいー^^
七ツ石山から雲取山へ向かう道中が、本当に楽しかった!!

私の気持ちに反して、天候は崩れていきます。
雲取山

後ろを振り返ると、先ほどまで居た七ツ石山が小さく見えます。
楽しい^^
雲取山

ほぼ雪道になり、その上を歩いている高揚感!!
楽しい楽しい^^
雲取山

さらに、雪は激しくなってきました。
が、楽しくて仕方がありません^^
雲取山

この時は目に見える範囲で、私の前も後ろも人がいませんでした。
そんな道を、1時間以上歩き続けていました。
こんな空間を、私はひとりで歩いているんだと思うと不思議でした。
贅沢な時間だとも思いました。

避難小屋が観えます。
雲取山

中を覗くと、綺麗。
雲取山避難小屋

掛け時計がありましたが、止まっています。
雲取山避難小屋

小屋の中の気温は、0度。
雲取山避難小屋

外の気温は、-2度。
内と外の気温差は、殆どありません。
雲取山避難小屋

雲取山山頂近くから観る風景です。
雲取山

山頂到着です。
今観ると、適当な写真だなー(笑)
ガスっているし、翌日の朝に写真撮影をしようと思い、まあいいや!のノリでした。
雲取山

この山頂で、ひとり女性登山者がいて、お互い写真の撮り合いっこをし、
しかも、その後、山荘で同室をご一緒させて頂き、登山のお話をたくさんさせて頂きました^^
楽しい時間を、どうも有難うございます^^

ささ、山荘へ向かいます。
雲取山

登山前は心配もあった雲取山ですが、いざ登ってみると「あら?」と拍子抜けするような雪山で、
「…雪もありますが、雪も降ってもいますが、やっぱり三峰へ行こうかな」と、幾度目かの考え改め中でした。

しかし、雲取山山頂から山荘へ向かう道が、積雪の世界でした。
鴨沢一択だ!
雲取山

雲取山荘に到着です^^
雲取山山荘

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへにほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ

返信する

必須項目には印がついています*

CAPTCHA