冬の雲取山 ~富士山と共に~

雲取山

<雲取山荘の様子>

3月17日(金)の夕食
雲取山荘

3月17日(金)の朝食
雲取山

食事は大事なので、まずそこから(笑)
お味噌汁が美味しかったです^^
暖かいものを食べると、ホッとします。

室内の様子。
炬燵もあります。暖かい~嬉しい~^^
雲取山荘

ぺら。
炬燵の中は、こんな感じです。
雲取山荘のこたつ

平日宿泊だったため、当日の宿泊客は20名以下。
布団が余る程あり、助かりました。
ちなみに、翌日の宿泊客は100名だとか。
雲取山荘

これは、私のザックです。
雲取山荘

 

<同室のおひとり女性登山者>

当日、雲取山山頂でお会いした、おひとり女性登山者さん。
相部屋で、ふたり炬燵に入り、色々とお話しをさせて頂きました。
テント泊、富士山、翌日の復路等々。
一番熱心だったのは、復路の事だったと思います。
翌日のネタですからね(笑)
その会話の中で、とても印象に残るものがあり、
それは漫画にし、後日何かしらの形で公開したいと思っています。

 

<3月18日(土) 富士山と共に >

晴天です。
昨日の雪も気持ちが良かったのですが、やはり晴天が一番!!
周囲の空気は凛とし、目に見えるもの何もかもが、美しく見えます。
気持ちの良い朝です^^

雲取山山頂から、富士山が綺麗に見えます。
雲取山

ささ、鴨沢へ帰ります。
雲取山

後ろを振り返ると、先ほどまでいた避難小屋が見えます。
青空に映えて、綺麗だな~。
雲取山

そして、右横を見ると、富士山が。
雲取山

また少し歩いては、
雲取山

後ろを振り返り、先ほどまで居た避難小屋を見ます。
よく見えませんが、この矢印に避難小屋があります。
雲取山

自分が歩いた道や、
つい先ほどまで居た場を振り返りつつ、歩くのが好きです。

私の目の前には、尾根の道が続きます。
雲取山

後ろを振り返っても、尾根の道が続いています。
雲取山

そして、横を見ると富士山。
雲取山

また、富士山です。

そんな道を歩き続けました。
心穏やか。幸せです。

 

<山の休憩所かゑる>

下山後立ち寄ったのは、雲取山鴨沢登山口・鴨沢バス停最寄りにある「山の休憩所かゑる」さん。
山の休憩所かゑる

URL >>> 山の休憩所かゑる

昨年12月にSNSを通し、「山の休憩所かゑる」さんの存在を知り、
復路鴨沢と決めた時から、都合がつけば(バス待ち時間が長ければ)
こちらのお店に寄ろうと思っていました。

私は普段、ネーム(漫画の下描の下描)を自宅外でしています。
山の麓でネームをするのも、楽しいんじゃないかな~(はぁと)。
一時間は居座るつもりで、お邪魔しました。

メニューはこれ。
山の休憩所かゑる

どんな内容かというと、これ。
山の休憩所かゑる

私は、おしることコーヒーセットを注文しました。
(で、今気付いたのですが、写真を撮るのを忘れていました。)
美味しく頂きました^^

静かなお店なのかな?と思っていたのですが、
最初から熱烈歓迎のお出迎えがありました^^
行けば判ります(笑)

その後も来客が多く、登山のお話等をさせて頂きました。
その場にいた皆様、本当にどうも有難うございます^^

 

<今回の雲取山を一言でいうと>

人です。
人との出会いでした。

私は、ひとりで山を登りたい民族なのですが(基本それは変わらないと思います)、
今年は、複数で登山をしようと思っています。
半年間、教室?サークル?の登山パーティに参加することにしました。
皆様の知恵を経験を学ばせて頂きたいな!!と。
よろしくお願いします^^

基本ひとり、時々ふくすう登山。

今年は、そんな登山ライフにする予定です。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへにほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ

返信する

必須項目には印がついています*

CAPTCHA