大雄山最乗寺お礼参り&明神ヶ岳~金時山縦走(3)

金時山

<明神ヶ岳→金時山>

明神ヶ岳で、早めの昼食。
当日は風が強く、体温を奪われたため、ソフトシェルを着服。
気温・湿気共に高かったため、ソフトシュルを持参することを躊躇したのですが、登山時にはソフトシェルは大事ですね^^
ちなみに当日の基本服装は、半袖短パンです。

雲に隠れている富士山を目指して、金時山へ向かいます。

明神ヶ岳-金時山

明神ヶ岳→金時山まで130分とあります。
30分短縮できるんじゃない?…と軽く考えていたのですが、意外と時間を要しました。
明神ヶ岳→金時山まで、120分ジャスト。

道中は、小さなアップダウンの繰り返しです。
綺麗な道です。

明神ヶ岳-金時山

道は、木々の根の凸凹もなく、ほぼ整っています。
トレラン向けだと思いましたし、またトレランをしている方を多く見かけました。

明神ヶ岳-金時山

明神ヶ岳から、既に1時間経過。
だけど、金時山はまだアソコ。
駆け足で進みます。

明神ヶ岳-金時山

背の高い笹に囲まれている時は判らないのですが、ふと覗く稜線を見ると、今、私はこんな綺麗な稜線を歩いているのか嬉しくなります^^
本当に綺麗。

明神ヶ岳-金時山

分岐点から、金時山まで後40分。

明神ヶ岳-金時山

どの山でもそうなのですが、上りの登山時、自分が歩いた道を振り返りつつ、進むのが好きです。
感動します。
登山が楽しいと思う瞬間です^^

金時山

金時山到着です。
富士山は相変わらず雲に隠れています。

金時山

何より、風が強かった!
頂上では、風を避ける岩も木々もありません。
強風で踊り狂ったように、砂が襲いかかります。

頂上には居られない!と、山小屋へ即突入。
山菜うどんと甘酒を頂きました。
2時間前に昼食を食べたばかりですが、お腹ペコペコです。

金時山

山菜うどん 600円(?)
甘酒 300円
アクエリアス 250円

しばらく山小屋で過ごし、下山。
下山時、私の二の腕より細いんじゃ…と思う成人男性のふくらはぎが私の目の前にあり、驚愕しつつ、金時山を去ります。
私の二の腕、どうしよう…( ゚Д゚)

あっという間に、公時神社です。

公時神社

そして、箱根湯本駅へ到着し、駅弁購入。
とり弁を、むしゃりくしゃり。

箱根湯本駅弁

登山は想像以上に多くのエネルギーを消費しますが、それ以上にエネルギー摂取するので、私の登山で痩せの道はありません。

<まとめ>
全体的に初心者向けの登山道です。
晴天時には、ランニングシューズでも問題ないかな?と思える道も多々ありましたが、金時山下山時は登山靴が良いです。
稜線が美しく、季節が違えば、また違う美しさを見ることが出来るのではないかと思いました。

明神ヶ岳-金時山の歩行時間130分と標識にあり、標識通りのコースだと言えます。
甘い時間設定してるんじゃない?…という事はありません。
普通に歩いて、休憩なしの時間設定です。

にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへにほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへにほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ

返信する

必須項目には印がついています*

CAPTCHA