登山

夜叉神峠~鳳凰三山~白鳳峠~広河原(テント1泊2日)2017年8月24日~25日<2>

南御室小屋

01話:夜叉神峠~鳳凰三山~白鳳峠~広河原(テント1泊2日)2017年8月24日~25日 1
02話:夜叉神峠~鳳凰三山~白鳳峠~広河原(テント1泊2日)2017年8月24日~25日 2
03話:夜叉神峠~鳳凰三山~白鳳峠~広河原(テント1泊2日)2017年8月24日~25日 3
04話:夜叉神峠~鳳凰三山~白鳳峠~広河原(テント1泊2日)2017年8月24日~25日 4

起床と共に始まる悲鳴

「ギャアアアアアッ!!」

 

翌日、テント宿泊の女性の悲鳴と共に起床。

熊?
幽霊?
人間?

男性「大丈夫?」
女性「自分がうなされているのが、判った…」

どうやら、悪夢を見ての(?)悲鳴だった模様。
何事かと思ったら、悪夢か~(笑)
トラブルではなく、良かった良かった。
それにしても、テント泊はプライバシーがないに等しいですね。

周囲のテント泊登山者さん達は、3時過ぎに朝の準備へと動き始めました。
私は4時過ぎから準備開始。

テン場の朝日です。
朝日で、雲が濃ゆいピンクに輝き、綺麗です。
南御室小屋

<強風>

昨晩から風が強くなり、25日早朝は強風です。
南御室小屋~砂払峠までの森林の山道は、特に問題ないのですが、
南御室小屋~砂払岳
南御室小屋~砂払岳

森林限界を終えた後。
砂払岳

砂払峠に到着した際、強風で足を取られそうになりました。
正確にいうと、風に舞う砂が口の中に入り、驚いた拍子に足を取られそうになる…です。
砂払岳

ここが、砂払峠かー。
砂払岳

空は厚い雲に覆われているけど、まだまだ大丈夫。
砂払岳

午前中は、おそらく雨は降らない。
砂払岳

後ろを振り返りと、富士山。
いつ見ても、綺麗なシルエットです。
富士山

富士山を背景にし、鳳凰三山(薬師岳~観音岳~地獄岳)と進んで行きます。

赤い屋根が見えます。
現在、建設中の薬師岳小屋だと思います。
薬師岳小屋

8月26日オープン予定の薬師岳小屋に到着しました。
薬師岳小屋

綺麗な山小屋です。
薬師岳小屋

次回機会があったら、青木鉱泉~鳳凰三山~薬師岳小屋(小屋泊)~夜叉神峠登山口のコースも良いかも。
私は、ザレ場の急登が苦手なので、これは下りにしたくないんですね(笑)
青木鉱泉~鳳凰小屋は一部ザレ場の急登があるので、体力があり余っている1日目にし、薬師岳小屋泊り。
薬師岳小屋~夜叉神峠登山口まで安定した道が多いので、のんびり下山。

そんな事をぼんやり想像しながら前へ進んでいくと、薬師岳到着。
薬師岳
薬師岳
薬師岳

薬師岳から見る、薬師岳小屋。
薬師岳小屋

薬師岳から見る、富士山。
富士山

薬師岳から青木鉱泉へ向かう道。
薬師岳

薬師岳から観音岳へ向かう道です。
この道が、本当に気持ち良かったー(*^▽^*)
薬師岳

雲は変わらず厚いけれど、
薬師岳~観音岳

強風で、何度か身体をさらわれそうになったけれど、
(風は、稜線に出てからの1~2時間が強かったです)
薬師岳~観音岳

気持ちの良い道。
薬師岳~観音岳

ふと後ろを振り返ると、富士山と自分が歩いた稜線。
はぁ~(はぁと)。うっとりため息。
富士山

にほんブログ村 アウトドアブログ 女性登山者・山ガールへ
ABOUT ME
新月ゆき
イラストレーター&漫画家。登山と旅行、そして花が大好き。旅行中、日本の労働力人口の減少に衝撃と危機感を感じ、地域・地方活動をはじめました。昔からうさ耳に弱いです。めろめろです。2018年7月更新。