コミックエッセイ

多摩湖自転車道のランニング

多摩自転車道のランニング

多摩湖自転車道のランニング
過去記事ブラッシュアップ中の、新月ゆき(@Shingetsu_yuki)です。

多摩湖自転車道のランニング
多摩湖自転車道のランニング2
多摩湖自転車道のランニング3
多摩湖自転車道のランニング4

多摩自転車道

西東京市~東大和市の多摩湖まで続く、多摩湖自転車道。多摩自転車道の起点は、五日市街道と井の頭通りが交差する武蔵野市関前五丁目交差点から始まります。多摩湖まで一直線、多摩湖周辺は小さなアップダウンが続く、緑多い穏やかな道です。

「自転車道」とあるため、自転車メインの道に思われるかもしれません。しかし、頻繁に続くクルマ止めがあるため、ロード向けではありません。多摩自転車道の起点から左右住宅・畑に沿った道なりが暫き、犬の散歩者、ママチャリ、子供・高齢者の利用者が多く接触事故の可能性も考えられるため、スピードを落として走ることをお薦めます。
もう一度言います。多摩自転車道は、自転車に特化した道だと思ってはいけません。自転車ロードだと思うと、ストレスになるでしょう(笑)

多摩自転車道は、散歩やランニングには適しています。
樹々と農地の狭間の道、目の前に一直線に続く道、そして季節折々の自然を感じる多摩自転車道です。
人があまりいない早朝に、多摩自転車道を走ることは心身ともに気持ちが良いものです。激オススメ。

多摩自転車道のメリット&デメリット

メリット

  • 四季折々の季節、自然の多さ
  • 一直線の道なり
  • 散歩・ランニングに適している

デメリット

  • クルマ止めが多さによる、微妙なストレス
  • 自転車に適していない

あなたはどこを走りますか?

自宅周辺、会社周辺、旅行中、登山道・林道、そして大会。
その人の環境や好みによって、様々です。

私の場合、最初は自宅周辺から始まり、徐々に距離を増やしつつ場所も移行していきました。
ゴールを決め、気が向くまま、時折住宅街で道迷いになりつつ、走っています。
住宅街で途中道がなくなり、その周辺にいらっしゃる住民の方に、「なんだろ?この人」みたいな視線を向けられると、なんとなく気まずいです(笑)失礼致しました…(笑)そんな感じになります。

多摩湖自転車道は、道迷いの心配がなく、舗装道路で安全性が高いため、はじめたばかりのランニングコースに適しています。
四季折々の自然が多い点も、素敵です。

最初は自宅周辺から始まり、徐々に距離を増やしながら、拠点を変えると楽しいですよ。
東京周辺ランニングコースガイドです。
古い本ですが、楽しめますよ。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
ABOUT ME
新月ゆき
イラストレーター&漫画家。登山と旅行、そして花が大好き。旅行中、日本の労働力人口の減少に衝撃と危機感を感じ、地域・地方活動をはじめました。昔からうさ耳に弱いです。めろめろです。2018年7月更新。