地方地域

戸隠神社5社+鏡池・小鳥ケ池巡り

戸隠神社5社+鏡池・小鳥ケ池巡り

2018年8月上旬に飯縄山登山をした当日午前中に、戸隠神社5社巡り+鏡池小鳥ケ池巡り+善光寺観光をした、新月ゆき(@Shingetsu_yuki)です。ハードなスケジュールでした。故意ではない、こんなスケジュール。なんかそーなっちゃったの。
今回は、戸隠神社5社巡りについてつづります。

戸隠神社5社とは

戸隠神社5社とは、戸隠神社奥社、中社、宝光社、九頭龍社、火之御子社を言います。霊山戸隠山の麓に、創建以来二千年余りに及ぶ歴史、そして近年のスピリッチュアルブームで人気の高い神社です。

戸隠神社のルート

長野駅からの移動方向、物理的距離を考慮すると、次のルートをオススメします。

  • 宝光社〜火之御子社〜中社〜九頭龍社〜奥社(徒歩片道3〜4時間)

このルートで巡れば、各神社の鳥居を正門からくぐりることができます。
ルート順番を記載しましたが、なんとなくピンと来た!そんな自分感覚での参拝順番で良いと思います。効率云々、歴史的背景関係なく、ご自身の好きなように。直感でゴーです。

戸隠神社の駐車場

宝光社の駐車場

  • 無料(駐車台数 約20台)
  • 満車の場合、空車まで暫く待つか、中社の駐車場利用をオススメします。徒歩20〜25分程度

火之御子社の駐車場

  • 無料(駐車台数 2台)
  • 宝光社、もしくは中社の専用駐車場を利用し、火之御子社まで徒歩をオススメします。徒歩10〜15分程度

中社の駐車場

  • 無料(駐車台数 約100台)
  • 有料(繁忙期により臨時駐車場あり)

九頭龍社・奥社の駐車場

  • 無料(駐車台数 約50台)
  • 有料(駐車台数 約200台以上)

高妻山専用の駐車場

  • 無料(駐車台数 約100台)
  • 奥社まで徒歩20〜30分程度

戸隠キャンプ場の駐車場

  • 有料(駐車台数、フリースペースのため不明。かなり広範囲)
  • 最終手段です。奥社まで徒歩30〜40分程度、バス1時間に1本3分程度

歩く気力・体力があるのならば、宝光社、もしくは中社の専用駐車場を利用し、宝光社から奥社までの歩き参拝を楽しまれてはいかがでしょうか。
自分の足で戸隠の大地を踏みしめ、身体全体で戸隠の風を感じながらの参拝は、気持ちの良いものです。

普段歩き慣れていない方、体力のない方は、奥社入り口から奥社まで参道歩きをオススメします。徒歩オンリーの参道歩き、距離約2キロメートル。

履き慣れた靴、もしくはスニーカー必須です。
ヒール靴の奥社参道歩きは厳しいでしょう。

戸隠神社5社巡りを歩いてみて

私の戸隠神社5社巡りのルートは、次の通りです。
自分が行きたい場所優先のルートです。

奥社〜九頭龍社〜中社〜火之御子社〜宝光社

5時45分頃に戸隠神社奥社大鳥居に到着。
戸隠神社奥社大鳥居

大鳥居から奥社まで、約2キロメートル。早朝のためすれ違う参拝者も殆どなく、静かで穏やかな参道歩きが始まりました。末社、祠などひとつひとつじっくり挨拶して、奥社まで30分のんびり歩きます。

茅葺の赤い隋神門。
戸隠神社隋神門

樹齢約400年を超える、見事な杉並木。圧巻されます。
この参道を歩けるなんて!来て良かった!そんな気持ちにさせてくれる杉並木です。
戸隠神社奥社の杉並木

道中にある飯縄大権現、仏石、そして祠も雰囲気があります。
戸隠神社奥社
戸隠神社奥社

取水場で手と口を濯いでいる時、太鼓の音が鳴り響きました。
どうやら、神主の朝のお勤めが始まったようです。時間は6時15分頃。
戸隠神社奥社
戸隠神社奥社

神主の邪魔にならないよう、音を立てずに「二礼二拍手一礼」
ここで、驚きのシンクロ。神主と私の「二礼二拍手一礼」のタイミングが合い、動作がシンクロしました。これ、ワザとじゃないんです。

その後、神主が神社内側からお賽銭箱の目の前へ移動。私と直面です。視線が合うようで合わないような、なんとなく気不味い雰囲気。お互い無言。
神主は両手で持つ祓串(はらえぐし)を外に向かって、振り、祓い始めました。そこで、私は90度に頭を下げ、なにかを祓って頂きました。…なにかって、あなた。急に始まったことなので、心の準備もなく素のままだったんですよ。

私は神社仏閣が好きで、早朝の参拝を好みます。しかし、今回の神主とのシンクロ&祓串のお祓いは、初めての経験でした。
その後2回、神主の朝のお勤めの時間帯を狙って早朝6時に参拝したのですが、祓串のお祓いは最初の1回のみ。
当日夜に挑戦してみたいと思っていた仕事の依頼を頂き、戸隠の御利益の効果を実感しました(はぁーと)。わーい(はぁと)

奥社から九頭龍社まで、徒歩1〜2分。
九頭龍社
九頭龍社

九頭龍社から隋神門へ戻り、戸隠森林植物園の遊歩道を介鏡池+小鳥ケ池経由にて中社へ向かいます。
自家用車は通行不可+遠回りの林道のため、ご注意ください。熊出没の道のため、熊避け鈴を持って歩きましょう。
戸隠神社の熊出没注意
戸隠神社の林道

道中にある、稲荷神社です。
戸隠古道の稲荷神社
戸隠古道の稲荷神社

鏡池。
戸隠の鏡池

風が若干強く、池が波立っています。
鏡池は信仰の池かと思いきや、戸隠在住の畑の水回りの人口池だとか。人間の生活に密接に繋がったお池です。
戸隠の鏡池

林道のやや坂道アップダウンを介し、小鳥ケ池へ。
戸隠神社の古道

硯石があり、その場からの展望が見事です。
戸隠神社の古道
戸隠神社の硯石
戸隠神社の硯石

小鳥ケ池の手前にある祠。
戸隠神社の古道の祠

小鳥ケ池です。
鏡池とは違い、風がなく、景色が水辺に映えています。
戸隠の小鳥ケ池

その後、林道から舗装道路へ。
戸隠神社の古道

西参道から、戸隠神社中社へ向かいます。
戸隠神社中社の西参道

戸隠神社中社。
戸隠神社中社
戸隠神社中社

中社の表参道から墓地を通り過ぎ、火之御子社へ向かいます。
戸隠神社中社
火之御子社

火之御子社。
火之御子社
火之御子社

火之御子社から神道経由にて、宝光社へ。
戸隠神社の神道
宝光社
宝光社
宝光社

宝光社では、祈願串とおみくじを頂きました。
宝光社
戸隠神社のおみくじ
おみくじの意味は、次の通りです。良い運気です(はぁと)

これは天の神が貴い御身でさえ、祭る神がおり、お祀りなさったしるしである。人間はらば、目上の人に従い教えを受けて、
家を治めて世間と付き合えば、衣食住ともに満たされ、自分の身は栄え子孫の繁栄も間違いないでしょう。

天照大御神を信心しなさい。病気は回復するでしょう。待人は来る。失くした物は出てこないでしょう。家の新築、転居は特によい。嫁とり婿とりなど、何かを決定するのは良いでしょう。転職は良い。商いは売り買い共に良い。特に買い吉。訴訟事は十分に勝てでしょう。生死の境がるのならば大体生きられる。勝負事は十のうち九つは勝つでしょう。何事も道をそれず道なりに行く時は思いのままでしょう。新たに住む所を決めるのも良い。

その後、飯縄山登山口バス停へ向かうため、バスに乗車。
バス乗車を間違えて、長野駅近くの善光寺へ行ったのは、また別の話です。
宝光社バス停
宝光社バス停

にほんブログ村 アウトドアブログへ
ABOUT ME
新月ゆき
イラストレーター&漫画家。登山、旅行、神社仏閣、そして花の華やかさが大好き。2018年9月八幡平市の観光PRポスターのコンペ優勝。2018年11月NovelJam2018秋(http://www.noveljam.org/)にデザイナー枠で参加。グラレコでプレゼン大会に出場、2019年1月~グラレコ講師開始予定。